Chromebookとは?2016年からずっと使い続ける理由

雑記

こんにちは!Etsuです。

今回の記事では僕が2016年から使い続けているChromebookについて紹介していきたいと思います。

やっぱりMacやWindowsが欲しいなぁ・・・と思ったことはなく、ずっと使い続けています。

Chromebookは2011年からあるそうですが、パンデミックでシェアが爆発的に伸びたということで注目されました。

理由は学校で行われる授業がオンラインに移行したことによるようです。Chromebookは教育現場でのシェアが高いのだとか。

僕はガジェットに詳しいタイプではないのですが、あえてその角度からChromebookを2016年から使い続けている理由を紹介します。

結論、Chromebookは僕のようにガジェット詳しい系でなく、キーボードが付きの安くてメンテナンスがラクなパソコンが欲しい!と思っている方にピッタリです。

とりあえずWindow買ったほうが無難かなと思っている方、もしかしたらChromebookでもOKかもしれませんよ。

もちろん、このブログも最初の設定(テーマのインストールなど)から記事の執筆までChromebookでやっています。

この記事はこんな方へ向けて書いています
  • パソコンのスペックについて言われてもピンとこないし、そもそも苦手
  • パソコンでやることは調べ物・動画視聴などシンプル
  • コンピューターサイエンス系以外の学生
  • MacBookやiPhoneを持つことに優越感を感じない
  • スマホはAndroidを使っている
  • 安くてメンテナンスがラクなパソコンが欲しい
  • タブレットが欲しいけど、iPadは高いし、やっぱりキーボードはあった方が便利

Chromebookとは?使い続けている理由

Chromebookは一言でいえばパソコンなのですが、GoogleのChromeOSで動きます。

パソコンのOSといえばWindowsかMacのどちらかなのですが、どちらでもありません。

ChromeOSで動くということは、今までのWindowやMacと何が違うの??

という疑問が出てくると思いますが、結論(この記事を読んでいる方にとっては)、ほぼ影響がないかと思います。

そのうえで、安くてメンテナンスがラクなデバイスが手に入るのでオススメなのです。

Chromebookの特徴=僕が使い続けている理由です。

Googleアカウントで管理 マルチデバイス可能

Chromebookを使うにはGoogleアカウントが必要です。

Gmailを持っていれば、Googleアカウントを持っていることになりますので、GmailのパスワードでログインすればOK。

すでに受信しているGmailをChromebookからも見ることができるということですね。

Googleのアカウントに紐付いているので、GmailやGoogle Driveに保存している画像やドキュメントが複数のデバイスからアクセスできます。

すでにお気付きかもしれませんが、ChromebookではあらゆるデータがCloud(オンライン上)に保管されます。

なので、万が一端末を水没させてしまっても安心なのです。

Chromeブラウザの拡張機能・Androidアプリで事足りる

MacやWindowsではデバイスにソフトをインストールして使っていきますが、Chromebookでは以下のどちらかです。

  1. Chromeブラウザの拡張機能に入れていく(Web Storeから)
  2. デバイスにAndroidアプリを入れていく(Play Storeから)

僕がChromebookを持ち始めた頃は1のみでした。

例えば、音声通話のSkypeを使いたいとしましょう。

Windowsであれば、「Skype for Windows」をダウンロードしていきます。

Chromebookの場合は、Web StoreからアクセスしてChromeブラウザに拡張機能として入れていくのです。(今は2でもOK)

そして、ChromebookにAndroidアプリがインストールできる機能が後から追加された歴史があります。

拡張機能は今でも使えますが、全体的にPlay StoreからAndroidアプリを入れる流れになっているようですね。

自分が使いたい機能をどちらかから入れていけばいいのです。

逆に、Chromebookをオススメできないのは・・・例えば動画編集する方ですかね。

一応、1や2の手段で動画編集の機能は使えるそうですが、やはりMac対応のソフトには劣るということです。

僕は動画編集はしないのでChromebookでOKなのです。

起動がとにかく早い

すっかりChromebookに慣れてしまったのでこの感動は薄れていますが、初期設定も含めてカンタンで早いのが特徴です。

また、AndroidスマホとBluetoothで連携すればロック解除はスマホでもOKです。

Chromebook の特長は、そのスピードです。

電源ONからログイン画面になるまでの時間が約10秒と早く、アプリの立ち上げや Google クラウド上のファイルの読込もこれまでのパソコンより断然早く感じます

https://jp.ext.hp.com/campaign/personal/notebooks/chromebook/ より引用

https://jp.ext.hp.com/campaign/personal/notebooks/chromebook/ より引用

ウィルスソフトが不要で管理がラク

僕がChromebookで最も気に入っていること。

それは、セキュリティに関して気にする必要がないということです。

ウィルスソフトって、パソコンの動作が遅くなったり追加費用がかかって嫌なんですよね。

Chromebookは頻繁にアップデートが発生するので、クリックして再起動するだけ。本当にラクです。

Chrome OS ではプロセスがサンドボックス内で行なわれるため、ウイルス対策が不要です。つまり、たとえ感染したページを開いてしまっても、そのタブとシステムは完全に分離されているので、誰もシステムの他の部分をのぞくことができません。Chrome OS ではプロセスがサンドボックス内で行なわれるため、ウイルス対策が不要です。つまり、たとえ感染したページを開いてしまっても、そのタブとシステムは完全に分離されているので、誰もシステムの他の部分をのぞくことができません。このようなウイルス対策機能などをさらに向上させるため、Chrome OS は日々開発を続けられています。そんな安全で最新の Chrome OS へのアップデートは自動かつ無料です。

https://jp.ext.hp.com/campaign/personal/notebooks/chromebook/ より引用

スマホより安い

下手したらちょっとしたミドルスペックのスマホより安いですよ。

教育現場でのシェアが高いわけです。

ベストセラーって書いてありましたので掲載してみますが、人気の機種はだいたい4万円くらいが相場です。

Chromebookで出来ることで事足りるのであれば、高いパソコン買う必要いのかなと。

スタバでドヤリングはできないけどw

Androidスマホと相性がいい

僕はAndroidスマホを使っています。

ChromebookとAndroidスマホはペアリングすると便利です。

Bluetoothで接続すると、ロック解除やスマホでチェックしたウェブサイトをChromebookから見ることが出来ます。

今後、スマホの通知をChromebookで確認できるようになるようです。

Chromebook よくある疑問

Chromebookによくある質問をまとめてみました。

Chromebookは安くてサクサク動くパソコンだけど、出来ることは限られる!なんて思われているみたいですが、意外にも大抵のニーズはカーバーするんじゃないかと思ってます。

WordとかExcel オフィスソフトは使える?

どちらかで代用ができます。

  1. GoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートはWordやExcelの代わりになります
  2. Chromeの中でOffice onlineを使う(無料Web版Officeのこと、Microsoftのアカウントが必要)

僕は、基本的に1を使ってます。自分の中で完結する場合または相手とオンラインでリンクを共有できる場合ですね。

Word、Excel、PowerPointに相当するGoogleアプリがすぐに使えます。

互換性の観点から、相手とファイルをメールでやり取りする場合は2の手段を取ります。ちなみに、Microsoftアカウントは無料です。Windowsのパソコンを持ってなくてもOK。

注意点があって、Officeonlineの機能は少し限定されます。たとえばOffice onlineのExcelは関数の機能が一部ないとかです。ただし、僕にはあまり関係ないので。

ちなみに、Googleドキュメントやスプレッドシートはオフラインでも作業はできますよ。

マウスやモニター接続はできる?

普通にできます。

モニターはUSB TypeCかHDMIで接続します。

イヤホンジャックもあります。

自分が欲しいChromebookにTypeCやUSBのポートがいくつあるのか数を数えて買うといいと思います。

ゲームはできる?

ブラウザゲームやAndroidアプリのゲームならできます。

ただし、動画編集と考え方は似ていて、MacやWindowsの代わりになるかというえば決してそうではないみたいですね。

できるゲームは限られます。

しかし、最近ではChromebookにもハイスペックモデルが登場しているので、Mac・Windowsとの差は縮まっているようにも見えますが・・・まぁ、高いChromebookならMac買うわ!って思うんじゃないでしょうか。

CD・DVDの取り込みや書き込みはできる?

残念ながらこれはできません。

CD・DVDドライブを接続しての作業はChromebookの思想に合わないのではないかと思います。

Chromebookはブラウザ(Cloud)つまりオンラインで作業をすることを前提としています。

見た目はキーボード付きのパソコンでタブレットにも近い特徴を持っていますね。

プリンターで印刷はできる?

Wi-Fi接続型のプリンターならできます。

僕はカンタンな文書はプリンターで印刷していたのですが、調べてみると対応していないとか接続ができないとかあるみたいですね。

よく見かけるのが、ハガキに印刷することが難しいようです。

年賀状印刷はWindowsでもズレちゃったり以外に難しいですもんね。そもそも、年賀状ソフトはChromebookに対応していない気がしますw

スクリーンショットはできる?

以下の2種類の方法でできます。

  • ショートカットキー
  • 右下のメニュー画面(正式名称は不明)から

正直ショートカットを覚えられない人って、僕も含めていると思います。

こちらば僕のChromebookなのですが、赤い丸のところからカンタンにスクリーンショットが取れます。

しかも、さまざまなタイプが可能です

  • スクリーンショット
  • 画面録画(設定から自分の声も録音できる)

撮影範囲も

  • 全画面
  • 指定した一部
  • ウィンドウ

から選びます。

もちろんスクリーンショット後に赤丸つけたりするのも可能。

こんな人はChromebook向いてる

一言で言うと、

  • Chromeブラウザ(拡張機能も含む)
  • Androidアプリで出来ること

これで事足りる方は、安いChromebookでOKということになります。

  • とにかくパソコンにスペックは求めないし最低限の使い方でOK
  • かといって重くなるのはイヤでサクサク動いて欲しい
  • iPadは高いし手が出ない、安いパソコンが欲しい
  • 初期設定とかWindows設定画面のゴチャゴチャしたのが苦手
  • ウィルスソフトとかメンテナンスも面倒
  • 別にApple製品を持ってカッコ付けなくていいw

こんな感じで、

ミニマリスト志向の方にはぴったりだと思います。

最後に注意点

最後に注意点があります。

Chromebookの最大のメリットの一つにOSが自動アップデートされてセキュリティも維持されます。

これが本当にカンタンで楽なのですが、デバイスごとに自動アップデートの有効期限があります。

「なに!このChromebookめちゃ安い!!」って買ったら、すぐに有効期限が来ちゃってた・・・っていうことになります。

気になるデバイスの自動アップデート有効期限をコチラで事前にチェックしておきましょう。

それを踏まえて、自分にピッタリのChromebookを探すにはAmazonのChromebookストアから見てみましょう。

ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました