【Coursera PLUS】 コース受け放題はおトク?

オンライン学習

こんにちは、Etsuです。

Courseraで一年間勉強して「英語で学ぶ」ことに自信がついたので、海外大学を目指しています。

今回はCoursera PLUSという年間契約(サブスクリプション)について紹介したいと思います。

結論、サブスクリプションはやって正解でしたし、ゲットした修了証は活用できています。

無料コースとどう違うのか?という疑問にも回答できると思います。

この記事はこんな方に向けて書いています
  • Courseraの料金体系について整理したい
  • 無料と有料の違いを知りたい
  • Courseraでガッツリ学ぼうと思っていて、Coursera PLUSの検討をしている
  • 海外の大学や大学院を目指しているが、何を選考するか決めていない

また、こちらの記事も参考にしてみてください。

まずは用語の解説(混乱しないように)

ここから先の用語で混乱しないように解説をしていきます。

  • コース(学習内容の最小単位で、だいたい1ヶ月くらいで終わる)
  • 専門講座(コースがまとまったもので、だいたい半年くらいで終わる)
  • プロフェッショナル認定(専門講座と同じ。実践的でキャリアアップを目指したもの)

です。

【ざっくり】Courseraの料金プラン

次に、Courseraの料金プランについて。

無料と有料の違いは何でしょうか?

前提としてCourseraのコースは、ほとんど無料で受講できます。

  • 無料(課題やテストがなく、終わっても修了証なし
  • 有料(課題やテストがあり、終わると修了証がもらえる

コースごとに購入もできるし、専門講座やプロフェッショナル認定としてまとめてコースを購入することができます。

Coursera PLUSとは?

Courseraより引用

それでは、いよいよCoursera PLUSについて解説します。

年間契約のサブスクリプションで、399ドルで3000以上のコースが受け放題!と書いています。

ということで、だいたい何割くらいのコースが受け放題なのかチェックしてみました。

Courseraより引用

文字が潰れちゃってるのですが、後の比較対象として使いますので・・・ご了承ください汗

何もソートしない状態だと9102コースあります。

右下にあるPLUSにチェックをいれてソートしてみると・・・

Courseraより引用

8315コースありました!

つまり、ほとんどのコースがPLUSの対象ということですね。

この中にはコースだけでなく、専門講座やプロフェッショナル認定も含まれています。

また、「やっぱりやめたい」という場合は14日以内であれば返金を請求できます。ココは安心なところ。

良かったところ

Courseraより引用

このCoursera PLUSの良いところは有名大学、有名企業のコースがちゃんと含まれていることです。

目玉商品の一つであるGoogleプロフェッショナル認定もPLUSに含まれていますよ。

FacebookのコースもPLUSに含まれていました!

気をつけるべきこと

ただ、気をつけるべきことがあります。

以下の企業や大学のコースはPLUSの対象外になることが分かってます。

他にもありますが、詳細はこちらのリストをご覧ください。

  • IBM
  • スタンフォード大学
  • Deeplearning.AI
  • Cisco

などなど。

実はこれらも人気コースなんですよ・・・

僕は一つもタッチしてないのですが、かなり専門性の高い方がトライしたいコースが多い気がします。

まずは、自分が受けたいコース、講座をチェックして399ドルの元が取れるか計算をしてみましょう。

あと、もちろんですが・・・数百万円する学位コースはPLUSには含まれません。

まとめ どんな人が向いてる?

Courseraで学ぶ時間が取れて、自分の興味あるコースがPLUSに含まれていれば試す価値はありますね。

それから、「とりあえず(長期的に)色々やってみたい」という方もいいと思います。有料にするかを悩まずに、つまみ食い的に試せるからです。

「んーやっぱりこのコース面白くない」って思ったら、別のコースをすぐに探せばいいのです。

まとめると、以下のような方はPLUSに向いていると思います。

  • 気になるコースがPLUSに含まれれており、399ドルの元がとれそう
  • 勉強の時間を確保できる
  • 海外大学を目指していて、じっくり「英語で学ぶ」感覚を養いたい
  • でも、海外大学のどの専攻に行くかは決めてないから、いろいろ手を出してみたい

最後に個人的な意見になりますが・・・

最初は無料モードで「どんな感じだろう?」とコースを視聴するのはいいと思います。

しかし、最終的には有料やPLUSで勉強したほうがいいと思います。

やはり課題やテストは簡単ではないので、ちゃんと視聴して復習もしないとパスできないのです。

やっぱり、理解度はおのずと違ってきますよね。

それから、どうせコースを終わらせるのなら修了証をゲットした方がいいと思います。

証明って大事だと思いますよ。

LinkedInのCertificateの欄に書けるし、修了証もらったときの「自信」は何にも代えがたいものがあります。

そして、いつ役に立つかわかりません・・・

こちらの記事でその話を紹介しています。

お役に立てればと思います。

最後までありがとうございまいした!

タイトルとURLをコピーしました