海外移住

(最終更新日:2019.12.3)

海外移住 出国までに準備すべきこと 前編

こんにちは。

クアラルンプールまでの出国まであと1週間くらいなので、これまで準備してきたことや今思うことを書いていこうかなと思います。

印象としては、海外で仕事を探してオファーが出るまでは余裕です(もちろん国にもよるけどね)。

マレーシアの場合は、全然大変じゃありません。

しかし、海外移住をするエネルギーと国内の準備が大変でしたね・・・。

たぶん、1つの記事じゃ終わらないのでこの続きは書くと思います。

では、みていきましょう!

何はともあれ目的とか気持ちが大事

「海外に移住して働いてみたい」「ちょっと、この日本の窮屈な感じ疲れた・・・海外住みたい」なんて人は結構います。

(ちなみに僕は全く考えていませんでしたけどw)

そんなことを思いつつも、結局はなんだかんだ日本で仕事をしている人が多いのだと思います。

会社の同僚たちを見ても、日本で働くのが普通って感じですよね?

ところがどっこいw

リアルとTwitterのギャップ

Twitter界隈には日本を飛びたして逞しく生きている人たちがいるのですw

まず、中国・深圳のゆきのさん。ゆきのさんの毎日のTweetが刺激的で刺激的で🤣

次にインドのTATSUYAさん。インドの生活がぶっ飛びすぎ🤣

とまぁ、リアル社会とTwitter界隈のギャップがあまりにもありすぎるんですよね。

どちらも本当の世界。

自分はどっちで人生を楽しみたいのか?ってとりあえず、心に素直になってみることだなって思う。

「でもな・・・」って理由はたっくさんあったけど、いったんは心に素直になってみた。

別に日本で働いてたっていい 自分がどうなりたいのか

もちろん、日本に住んで働いた方が年金もあるし、国民皆保険だし安全だと思う。

会社をクビになることだってメッタにない。サービスだって行き届いてるし、快適便利。

日本で働くのがダメってわけじゃない。

僕は(今は)どっちに興味があるのか?海外に移住して何を得たいのか(目的)を明確にしてみました。

もちろん悩みましたよ、もし「日本に戻ってきたときに仕事なかったらどうしよう・・・」って。

でも、

「いや、語学力アップとグローバル環境に慣れるために海外に行くんだから、その不安が出ること自体がおかしいでしょw」って思い直しました。

年齢に関係なく、日本でも海外でも働ける自分になりたいのだからね。

以下のような日本型キャリアアップ慣習

  • ある程度の年齢になったら管理職であるべきとか
  • 転職回数は少ない方がいいとか
  • 転職回数が多いと信用がないとか

これが、自分にあまり合わないから、海外に新しい環境求めに行くわけであって。再び、日本型に縛られてる場合じゃないww

その日本っぽいレールからは外れていくので、もっと自由な(ある種いばらの道)キャリアプランを考えるべきかなと。

やはり、金はあった方がいいよ

「海外移住はお金がなくてもできる!」

それはできると思う。

若ければ若いほど、いろいろなリスクも少ないし。

ただ、僕の場合はアラフォーなのでね、独身とはいえ。やっぱり、お金の余裕は必要。

いくら必要かは答えもないし、心配性なら余計に必要だと思う。

個人的に、ちょっとお金がかかりそうだなって思ったことだけまとめておきます。

健康リスク

基本、僕は健康体です。むしろインフルエンザってこの世にないんじゃないの?って思ってる。

インフルかかったことないんですよw

とはいえ、この先何があるかわからないし、日本とも医療環境が違うわけだから、その辺は心配だった。

マレーシアに渡航する前にはA型肝炎とHPVの予防接種は済ませておきました。

(1回の接種で1.5万くらいだったかな)

これは1回打てば終わりじゃなくて、半年くらいかけて3回くらいに分けて接種した記憶がありますね。

それから歯の治療。僕は2、3ヶ月に一回は歯のクリーニングをしてます。初期虫歯はしっかり治療してから渡航した方がいいです。現地の歯医者は保険が効かないので!

つまり、僕は心配性なので入念に準備した方がいいなって前から思っていたのですwww

親の健康リスク

両親は幸い元気で、ちゃんと健康診断やがん検診もやってるので、分かった段階でヤバイってことは少ないとは思う。

けど、何があるか分からない。そのために一時帰国を何回かしなくてはいけないかもしれないし。

現地で部屋を借りるときの初期費用・初任給までの生活費

クアラルンプールで部屋を借りるときの初期費用は家賃の3ヶ月分って聞いてました。

なので、15万から20万は別で準備しておかないと、落ち着いた生活はできないのでこの辺も必要かなと。

それから、初任給までの生活費も見積もっておくべきかなと。

国ごとによく調べてみてくださいね。

盲点なのが住民税

めっちゃ細かいですけど、細かくないやつ。

会社を退職してから翌年の5月までの住民税を一括徴収されるので覚悟すべきですw

いったん、まとめてみる

とりあえず、僕が準備したことで最重要なのが気持ち(目的)とリスクに対する準備(お金)です。

海外に移住する目的は・・・

  • 語学力アップさせる
  • グローバル環境に慣れる(特に、多様性を受け入れる柔軟性、これは自分に欠けている)
  • 副業(ブログやライター、勉強)の時間を確保する

この目的を準備しました。

お金に関しては、若ければ若いほどリスクは低いものなので、いくら必要とは言えないかなと。

ただ、僕は心配性なので予防接種まで準備しちゃったってわけですwww

この続きは、もっと具体的な準備を書いていこうと思います!

では!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

関連記事

  1. マレーシア就職

    マレーシア転職 エージェントを活用した内定事例

    こんにちは。マレーシアに渡航するのが2019年12月7日です。…

  2. マレーシア就職

    40代 マレーシア移住・転職を決めた理由

    こんにちは。この記事を書いている場所は東京のワンルームマンショ…

  3. 海外移住

    海外移住 出国までに準備すべきこと 後編

    こんにちは。クアラルンプールまでの出国まであと1週間くらいなの…

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カテゴリー

最近の記事

スポンサーリンク
  1. 医療

    口呼吸から鼻呼吸に切り替える
  2. 米国株ETF

    初!HDVから配当金もらいました!ところで米国株の配当金はいつ入るの?
  3. 雑記

    上司ごときで自分の人生が決まるのも事実
  4. アンティークコイン

    仮想通貨に飽きた アンティークコインの魅力
  5. iDeCo

    SBI証券 iDeCo セレクトプランようやく設定完了
PAGE TOP