ビジネス・投資

(最終更新日:2019.01.14)

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018 波乱の結果

こんにちは。

本日、東京の大井町きゅりあんで「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」が開催されました。

投資信託についてブログを書いている人たちによる、投資信託の総選挙みたいなもんです。ちょっとマニアックな投信ブロガーが個人投資家の目線に立って、ファンドを投票します。有効総投票者数は241名だったそうですよ。

僕は投信ブロガーの中から、プレゼンターとして当選しまして、第3位のファンドの表彰をさせていただきました。のちのち、細かい内容については追加で書いていきたいと思いますが、取り急ぎ速報をば書いてみます。

第6位〜第10位まで 前回覇者の楽天VTが9位

第10位:eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)←僕はiDeCoでコレを買う予定です(SBIのプラン変更手続き中)

第9位:楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)

第8位:eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

第7位:Vanguard Total World Stock ETF(VT)

第6位:セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

なんと前回の覇者であった楽天VTが9位という、いきなりの波乱。実質コストが高いという指摘ありましたね、それが影響されたのでしょうかね。

ETFの中ではVTが7位にランクイン。世界分散するなら、このETF!ということで人気ですね。

そして、eMAXIS SlimシリーズではS&P500と日本を除く全世界株式がランクイン。となると、eMAXIS Slimシリーズの残るアレとアレが5位以内に入るのか?と予想しちゃいました。

それから、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは健闘の6位でした。コメントを読むと、「もっと低コストのファンドも出てきたけど、会社の理念についての共感している、セミナーとか月報といった投資家との信頼関係が評価できる」みたいなコメントもあり、必ずしも低コストだから人気というわけではないみたいですね。運用会社と投信ブロガーのアツい気持ちが伝わる結果発表でした。

ちなみに僕がつみたてNISAで買っている、「SBI・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(全世界株式))」は20位でした・・・SBIガンバレ!

第5位〜第1位 eMAXIS Slimシリーズ強し・・・

バランス型のランクイン来ました!うん、投資の初心者が、「株だけじゃなくてバランス良く投資してリスクを減らしたい」・・・っていう場合にはコレをオススメしますね。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)とライバル関係にある、楽天VTIがここで登場。

何と去年の秋に設定されたばかりの、eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)が堂々の第3位!!これは、期待も込めての3位ですね。この表彰のプレゼンターをさせていただきました。おめでとうございます。

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドが2位!MSCIコクサイ インデックス(配当込み 円換算ベース)への連動を目指すインデックスファンドです。

5年連続トップ3にランクインしている大本命きましたね。ニッセイさんは人気のeMAXIS Slimシリーズや楽天よりも歴史があり、今の超低コストファンドという潮流のキッカケをつくったとも言える偉大なファンドです。純資産総額が増えるたびにキッチリ着実に信託報酬を下げてきたのが信頼されているようですね。

そして、1位はeMAXIS Slim 先進国株式でした!「業界最低水準を目指す」と言い放っているeMAXIS Slimシリーズの中で、MSCI KOKUSAI Index(MSCIコクサイ インデックス)(円換算ベース)と連動するファンドです。

ニッセイさんよりも運用実績は短いですが、信託報酬の引き下げについてはアグレッシブなスタンスで業界を引っ張ってくれています。

それにしても、eMAXIS Slimシリーズ最強ですね・・・5つのファンドがランクインしています。

信託報酬の安さだけじゃなくて、会社の理念や投資家との信頼関係が大切

とはいっても、必ずしも超低コストだったら良いというわけじゃないのも印象的でした。

セゾン投信はセミナーや月報といった情報提供元がマメなようで、投資家との信頼関係を時間をかけて築いてきた実績もあります。ニッセイさんも歴史があり、今の超低コストファンドの潮流を作った立役者でもあります。

それに対して、eMAXIS Slimや楽天は新興勢力。アグレッシブに信託報酬を引き下げて競争を激化させています。

手数料が高くて次から次へとファンドを買い換えさせる焼畑農業的なやり方は投資家にとってはデメリットでしかなく、運用会社のメリットしかありませんでした。しかし、このように超低コストで信頼できる運用会社のファンドもあるのです。そういったお気に入りのファンドを見つけて応援したいですね。

ホント、今日はブロガーと運用会社のアツい想いを感じた日でした★

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

関連記事

  1. ビジネス・投資

    ダウ平均が最高値更新 こういう時こそ倹約貯蓄だね

    こんにちは。2018年9月20日、ダウ平均が最高値を更新したら…

  2. ビジネス・投資

    「第8回 世界の資産運用ガイド」に行ってきました アンティークコインと仮想通貨!

    こんにちは。僕がこのブログとは別にライター活動をしているわけで…

  3. アンティークコイン

    【PR】第8回 世界の資産運用フェア アンティークコインにも注目

    こんにちは。僕がこのブログとは別にライター活動をしているわけで…

  4. ビジネス・投資

    eMAXIS Neo ちょっと面白そうだから趣味程度でやりたい

    こんにちは。eMAXISシリーズからAI(人工知能)が自動で銘…

  5. ビジネス・投資

    会社員はSNSのキラキラ投稿に惑われてはいけない

    こんにちは。インターネット上では、ビジネスや投資の情報が溢れて…

  6. ビジネス・投資

    海外の口座で税金をゴニョゴニョとか難しい

    こんにちは。今日は税金について。個人的には所得税と住民税が最大…

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ライター活動

内藤忍さんが運営する世界の資産運用ガイドでライターもしてます

 

 

 

第10回 世界の資産運用フェアは9月7日に開催です

 

仮想通貨

 

 

 

最近の記事

スポンサーリンク
  1. 仮想通貨

    GMO オリジナルのマイニングマシンをリリース
  2. ガジェット

    Chromebookを使って2年・・・ほぼ作業は網羅できる
  3. 読書

    「プライベートバンカー驚異の資産運用砲」
  4. 医療

    手術支援ロボット/ ダ・ヴィンチ 新機種発売 リーズナブル!
  5. つみたてNISA

    つみたてNISAをキッカケに投資を始める!
PAGE TOP