雑記

(最終更新日:2018.11.18)

【確定申告する人で】年内に転職した場合の年末調整

こんにちは。

いよいよ年末調整シーズンですね。今年から年末調整の書類に変更・分離があったそうですよ。

ポイントとしては「保険料控除申告書 兼 配偶者特別控除申告書」が2枚に分離されて、配偶者(特別)控除の適用範囲が拡大になったそうです。変更点の詳細はブログ仲間のむねやんさんの記事をご覧くださいね〜。

転職者の場合は前職の源泉徴収票が必要です

僕の場合は、8月末に退職して9月に新しい会社に入社しました。

新しい会社に「前の会社の源泉徴収票を発行してもらって原本を提出してください」と言われる場合は、入社後に原本を提出します。おそらく、有給休暇を使ったりするので前職からは郵送で自宅に届くことになります。

もしくは、新しい会社での年末調整時に「原本」を提出するように言われます。↓↓コピー不可とのこと。

このときに思ったのが、

「あれ、確定申告でも源泉徴収票使うよね?原本を提出しちゃって良いの?」って思ったんです。そこで、知り合いの税理士さんに質問してみました。

原本を提出しちゃってOK

結論、原本を提出しちゃってOKだそうです。

現職の会社から発行される源泉徴収票には、前職分の給与・社会保険料・源泉徴収税額が記載されます(↓↓赤枠の中に記載されるらしい)。

この、現職の源泉徴収票を使って確定申告が可能というわけです。

出典:freee

ほ〜なるほど。じゃ、原本を提出しちゃっても心配ないわけですね。なかなか経験がないと分からないことですね。

年末調整と確定申告は1年のイベントのひとつ、シッカリ働いてシッカリ税金を戻しましょうw

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

関連記事

  1. 雑記

    30代・40代の貯蓄額ゼロ 23.1% 100万円以下は6割 貯金じゃなくて貯蓄ね

    こんにちは。SNSやニュースで話題になっている、SMBCコンシ…

  2. 雑記

    もし、サイコパスだったら、こんな仕事がしてみたいとかある?

    こんにちは。今日は雑記です。「もし、自分がサイコパスだったら、…

  3. 雑記

    住信SBIネット銀行を全面に出してます

    こんにちは。誰でも何回でもATM手数料が無料だった新生銀行です…

  4. 雑記

    働き方改革 いよいよ始まる 違反事例もあり

    こんにちは。いよいよ、来週から「働き方改革」がスタートします。…

  5. 雑記

    年末年始の出費対策 お年玉はもう取ってあるから大丈夫!

    こんにちは。もう12月ですね〜。すっかり寒くなって年末年始の足…

  6. 雑記

    仕事に行かずに辞める 退職代行とは アリだと思う

    こんにちは。ココ最近、「退職代行サービス」ってよく聞きますね。…

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ライター活動

内藤忍さんが運営する世界の資産運用ガイドでライターもしてます

 

 

 

第10回 世界の資産運用フェアは9月7日に開催です

 

仮想通貨

 

 

 

最近の記事

スポンサーリンク
  1. 仮想通貨

    仮想通貨 まだ全然使えない 投機でしかない
  2. 仮想通貨

    マネックス社長「仮想通貨交換業の本質が銀行に近いものになっていくと予想する」
  3. iDeCo

    SBI証券 iDeCo セレクトプランようやく設定完了
  4. ビジネス・投資

    まさに黒船 バンガードが日本の個人投資家へ直販検討
  5. 雑記

    悲報 新生銀行 ATM手数料 有料化
PAGE TOP