仮想通貨

(最終更新日:2018.08.11)

GMOのマイニングは赤字で方向転換

こんにちは。

GMOインターネットの第2四半期の決算が発表になったようです。GMOは仮想通貨の業界の中でもGMOコイン(仮想通貨の販売所)や自社でマイニング事業を行っています。自社オリジナルのマイニングマシーンも開発して注目を浴びました。

何と、今回の決算ではマイニング事業は赤字になってしまったようです。理由はビットコイン価格の停滞と採掘難易度の上昇で、やはり後発のGMOは苦戦を強いられているのではないかな〜と思います。

ハッシュレートは想定通り、赤字は想定外

出典:GMOインターネット

ハッシュレートとはマイニングマシン(マシンの集合体)の計算能力のことです。値が大きければ多くのビットコインがマイニングできて収益が上がります。しかし、どのマイナーたちも設備投資を行っていてハッシュレートは高くなっているので競争が激しくなっています。結果、ビットコインの採掘難易度が上がっているワケなんですね。

GMOは高性能の自社マイニングマシンを用いて、順調に設備投資したにも関わらず赤字だったようです。↑見ていただくと分かるように、ビットコインの採掘量は順調ですね。しかし、マイニング事業はハッシュレートと採掘難易度と電気代、そしてビットコイン価格といった様々な要素が組み合わさって収益がはじき出されます。

やはり、採掘難易度が高くビットコイン価格も停滞しているので、厳しい状況なのだと思います。安い電気代のエリアにマイニング工場を持っているマイナー以外は苦戦を強いられているのです。早期参入組は有利なエリアに工場を持っていると思うんですよね〜。

マシン販売に方向転換って・・・w

出典:GMOインターネット

ということで、方向転換。「マイニングは収益性悪いから、自慢の自社マシンを売るか!」って事に・・・w

これは素直すぎるというか、つまり「金を採掘するよりも、ツルハシを売ったほうが儲かる」ゴールラッシュの現象そのもの。今は確かに市場も停滞しているし、難易度も高いからマイニングで収益を上げるのは難しい、当面は・・・ってことなんでしょうけどね。

このまま市場が停滞し続けて、かつ難易度が上がり続ければ、弱小のマイナーたちは撤退していく。そうすると難易度が下がって来る可能性もあるのかなと。普通は市場が停滞してきたら難易度も下がるのですが、下がらないのが現状のマイニングの辛いところ。

今はマイニング事業は冬の時代。体力のないマイナーは撤退するしかない。GMOは自社マシンがあるというのが強みで、売れば良いって事なんですね〜。また、状況が変われば自社マイニングも注力していくでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

関連記事

  1. 仮想通貨

    ビットコイン また下落したけど前向き

    こんにちは。ビットコインを始めとする仮想通貨ですが、3月30日…

  2. ウォレット

    Ripple アプリウォレット Toast Walletの作り方

    こんにちは。RippleのアプリウォレットであるToastwa…

  3. 仮想通貨

    GMO マイニング うまくいってないっぽい

    12月25日、GMOインターネットは2018年第4四半期決算で仮想通貨…

  4. ウォレット

    Bitcoin ペーパーウォレット 作成と取り出し方

    こんにちは。Bitcoinのペーパーウォレットの作成と取り出し…

  5. 仮想通貨

    マネックス社長「仮想通貨交換業の本質が銀行に近いものになっていくと予想する」

    こんにちは。マネックスのコインチェック買収の報道がなされてから…

  6. ウォレット

    Bitcoin アプリウォレットBitcoin.com 復元・送金・受取のやり方

    こんにちは。Bitcoin.comの使い方の続きです。…

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カテゴリー

最近の記事

スポンサーリンク
  1. ガジェット

    Chromebookを使って2年・・・ほぼ作業は網羅できる
  2. 医療

    口呼吸から鼻呼吸に切り替える
  3. 読書

    「私の財産告白」
  4. 雑記

    悲報 新生銀行 ATM手数料 有料化
  5. アンティークコイン

    アンティークコインを他の投資と比較してみた デメリット
PAGE TOP