医療

(最終更新日:2018.05.27)

手術支援ロボット/ ダ・ヴィンチ 新機種発売 リーズナブル!

こんにちは。

期待されている手術支援ロボット、ダ・ヴィンチの新機種がリリースされました。以前にダ・ヴィンチについて紹介しておりますので、良かったら読んでみてください。今回の最新機種と従来の機種との違いを紹介します。ますます、ロボット手術が身近になりそうです。

最新機種「ダ・ヴィンチX」をリリース

2018年4月より保険適応が一気に拡大した、手術支援ロボット/ダ・ヴィンチ。リーズナブルな価格で新機種「ダ・ヴィンチX」が登場したようです。

出典:Intuitive Surgical社

右上の機種が従来の「ダ・ヴィンチXi」で、今回発表されたものが左の「ダ・ヴィンチX」です。うーん、似てますがどう違うのでしょうか??

基本性能は同じ

プレスリリースを拝見すると基本性能は同じなようです。

ダビンチ X は弊社の主力製品である「ダビンチ Xi サージカルシステム」(以下、ダビンチ Xi)と同じ第 4 世代の製品で、ダビンチ Xi と共通のサージョンコンソールとビジョンカート、また共通の鉗子類をご使用頂けます。

同じ第4世代で互換性がある。ロボットアームも共通ということですね。

価格がリーズナブルに!

Xiが2億7000万円なのに対して、Xは1億7000万円と非常にリーズナブルになっています。ロボット手術はメリットも多く期待されているのですが、第一のハードルとして高い!ということです。導入したくてもできない医療機関のニーズに答えるような形になったのではないでしょうか?

術野が違う!

もう一つの大きな違いは術野です。

違いは、患者が乗るペイシャントカートで、Xが一定の術野範囲へのアクセスに対し、Xiは広範な術野範囲を可能とする

出典:放射線科情報ポータル Red Fan ONLINE

プレスリリースを詳しく読むと、新機種でリーズナブルなXの方は、一定の術野範囲で行われる術式で活躍できそうです。例えば、前立腺、腎臓、子宮です。

Xiは大は小を兼ねるようなタイプですが、高価でした。Xは基本性能は同じとしならも、一定の術野に対応するためリーズナブルということです。

医療機関や所属する医師によっては、高いXiではなく、安いXでいいよ〜っていうこともあるんじゃないかと。もしくは、2台目はXで〜みたいな効率的な運用もあるのかな?

トレーニングの充実に期待

保険適応が拡大されたことと、ダ・ヴィンチの機種の選択肢が広がったことにより、ロボット手術はますます浸透していくだろうと予想されます。それに伴ってダ・ヴィンチのトレーニングも充実させていくようですので期待!

より再発の少ない手術が実現できると良いなぁ!それでは!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 仮想通貨 まだ全然使えない 投機でしかない
  2. 仮想通貨に対する意見で、既に手垢がついてるやつ

関連記事

  1. 医療

    手術支援ロボット/ ダ・ヴィンチの保険適応が拡大されてた

    こんにちは。今年に入って手術支援ロボット、ダ・ヴィンチの保険適…

  2. 医療

    口呼吸から鼻呼吸に切り替える

    こんにちは。引き続き医療ネタです。前回に記事にした「慢性上咽頭…

  3. 医療

    原因不明の体調不良・・・慢性上咽頭炎って知ってる?

    こんにちは。久しぶりに健康ネタです。こんな症状で困って…

スポンサーリンク

ライター活動

内藤忍さんが運営する世界の資産運用ガイドでライターもしてます

 

 

 

 

第7回世界の資産運用フェア(2018年2月3日)で仮想通貨のセキュリティー対策についてセミナー講師をしました

 

次回、第9回 2019年2月9日開催予定

仮想通貨

 

 

 

最近の記事

スポンサーリンク
  1. 仮想通貨

    マネックス社長「仮想通貨交換業の本質が銀行に近いものになっていくと予想する」
  2. ウォレット

    Ripple アプリウォレット Toast Walletの作り方
  3. 雑記

    悲報 新生銀行 ATM手数料 有料化
  4. 雑記

    住信SBIネット銀行を全面に出してます
  5. 仮想通貨

    仮想通貨に対する意見で、既に手垢がついてるやつ
PAGE TOP