ウォレット

(最終更新日:2018.05.24)

Bitcoin アプリウォレットBitcoin.com 復元・送金・受取のやり方

こんにちは。

Bitcoin.comの使い方の続きです。

復元、送金、受取のやり方について書いておきますね。

初期設定は以下を参考にして下さい。

万が一のときの復元方法

まずは、復元方法から。スマートフォンの紛失、故障、機種変更の時に必要になります。

今回は、敢えて自分のアプリをアンインストールしてみました。

再インストールする

再インストールして、新規ウォレットまで作ります。

この時、新規ウォレットはバックアップせずに、消した自分のウォレットを復元させます。

アプリを起動して、下の「ビットコインウォレット作成」をタップ

メールアドレスを入力して、「continue」をタップ。

(以前に設定したものは引き継がれないので、新たに同じアドレスを入力、スキップしても後から設定はOK)

↓これの出来上がったモノは新規ウォレットで、未バックアップの状態。

これから、自分のウォレットを復元させます。

リカバリフレーズを入れて復元

BCH、BTCそれぞれのウォレットを復元させるので、同じことを2回繰り返します。リカバリフレーズは同一です。

+のところをタップ。今回はBCHウォレットを復元させます。

「ウォレットをインポート」をタップ。

BCHのウォレットを復元するので、確認(BTCに切り替えも可能)。

リカバリフレーズを入力。文字と文字の間は半角スペース。

「インポート」をタップ。

復元完了!

ちなみに、使わないウォレットは自由に削除できるので、上のウォレットは削除しました。

また、ウォレットの名前と送金パスワードはリセットされてるので、再設定が必要です。

めでたしめでたし。これで、スマートフォンに何があっても大丈夫。

送金方法

続いて、送金でです。

アプリを起動して、下の紙ヒコーキをタップ。

送金先のアドレスをコピペかQRコードを読み込みます。

今回はQRコードを読み込むので、一番右をタップ。

相手先のアドレスと、自分が送る通貨を確認します(今回はBCH)。

USD換算でBCHを送金したい場合は、「Switch Currencies」をタップして切替可能。

「Enter amount」に金額を入力。今回は、「全残高を送金」しました。最後は「Confirm」をタップ。

スライドして、送金。

送金パスワードを入力して、「OK」をタップ。

「OK」をタップ。

送金状況を確認するには

ウォレットに入ると、以下のように送信中となってます

送信中のところをタップすると詳細が表示されます。

承認回数が6+になれば完了です。確か・・・(*´Д`)

1、2とだんだん承認回数が増加していきます。

細かい設定で、送金を急がせる事も可能です。その代わり手数料高くなっちゃうんですけどね。

いろいろ、いじってみて下さい。

受取方法

最後に送金方法です。

アプリを起動させて「受取」をタップ。

受け取る通貨を選択

まず、BCH、BTCとちらを受け取るのか選択します。赤い枠をタップすれば切り替え可能。

ちなみに、このアプリの受け取りアドレスは受け取るごとに、変わった気がします。

なので、取引所にアドレスを登録しても意味がないんです。

BCHの受け取りアドレスは3種類もある

今回はBCHを受け取るとしましょう。

実は、BCHの受け取りアドレスは3種類あります。

「Cash Address」をタップ。

すると3つを選択できます。

  1. Cash Adress(「q」から始まる。BTCと間違えないように仕様変更されている)
  2. Legacy(「1」から始まる。BTCと同じ)
  3. Bitpay(「C」から始まる。BitpayやCopayの独自アドレス)

1に対応している取引所は少ないので、2が無難です。

BitpayやCopayというのは、同じくアプリウォレットです。ここから受け取るのであれば3がいいでしょう。

選択が終わったら、QRコードかアドレスを送金させて受け取ります。

アドレス変換ツールもあるよ

上記、3種類のアドレスの変換ツールを貼り付けておきます。

例えば、1のアドレスでは受け取れないときに、コピペして2に変換することが可能です。

https://cashaddr.bitcoincash.org/

まとめ

Bitcoin.comは直感的に使える、便利なアプリです。

アプリのアップデートも頻繁で、仕様変更はされていきますので、その都度確認してみてくださいね。

BCHやBTCはXRPよりも、使う場面が多いと思います。ご自身のスマートフォンにインストールしておくといいです。

繰り返しますが、リカバリフレーズは絶対に紙に書いて紛失しないことです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

関連記事

  1. 仮想通貨

    仮想通貨に対する意見で、既に手垢がついてるやつ

    こんにちは。2013年に仮想通貨を知り、一時期放置していました…

  2. ウォレット

    Bitcoin ペーパーウォレット 作成と取り出し方

    こんにちは。Bitcoinのペーパーウォレットの作成と取り出し…

  3. 仮想通貨

    SBI いよいよ仮想通貨取引所へ参入か〜楽しみ

    こんにちは。僕はもともとSBI贔屓の人間なので、SBIが仮想通…

  4. 仮想通貨

    GMO マイニング うまくいってないっぽい

    12月25日、GMOインターネットは2018年第4四半期決算で仮想通貨…

  5. ウォレット

    Bitcoin アプリウォレットBitcoin.comの作り方

    こんにちは。Rippleに続いてBitcoin(BTC)/Bi…

  6. 仮想通貨

    仮想通貨 まだ全然使えない 投機でしかない

    こんにちは。今年に入ってから仮想通貨の市場は大暴落。少…

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ライター活動

内藤忍さんが運営する世界の資産運用ガイドでライターもしてます

 

 

 

第10回 世界の資産運用フェアは9月7日に開催です

 

仮想通貨

 

 

 

最近の記事

スポンサーリンク
  1. 雑記

    住信SBIネット銀行を全面に出してます
  2. 雑記

    仕事に行かずに辞める 退職代行とは アリだと思う
  3. つみたてNISA

    今から開始するなら楽天証券が良いと思う・・・
  4. ビジネス・投資

    SBI証券 Tポイント投資を4月からスタート
  5. アンティークコイン

    仮想通貨に飽きた アンティークコインの魅力
PAGE TOP