ウォレット

(最終更新日:2018.05.24)

仮想通貨の保管 ハードウォレットは使いません

こんにちは。

僕が実践している仮想通貨の保管方法について書いていきます。

ビットコイナーと言われる非常に詳しい方々の方法とは少し異なる部分もあり、お叱りを受けるかもしれません。

あんまりギークすぎると一般の方はできませんからね^^;

僕の方法は、初心者にも現実的に実践可能な範囲なのかなぁと思ってます。

まず、取引所から

コインチェックのNEM不正送金事件も記憶に新しいですので、身をもって体感していると思います。

取引所にはトレードする以上の仮想通貨は置いておかないことですね。

二段階認証アプリ使用時は注意

コインチェックの一件があったので、多くの人が二段階認証の設定をしていると思います。

この、二段階認証をGoogleのスマホアプリで設定している場合は注意が必要です。↓これです。

出典:iTunes

 

注意点とは、スマホを紛失したり機種変更した場合、再インストールして復元できないのです!

対策としては・・・・

 

  1. 初期設定で取引所が発行するQRコードをスマホで読み取るときに、続けて予備スマホで読み取る(つまり、複数の端末で管理する)
  2. 初期設定で取引所が発行するQRコードをプリントアウトしておく(紛失や機種変更しても、このQRコードを読み取れれば復元される)

上記の2点を行っていない場合、いったん二段階認証を解除して再設定します。そのときに上記の対応をすればOK(^o^)

スマホのウォレット

次に、ウォレットです。

まず、出し入れする予定のある金額はスマホのウォレットに入れます。と言っても、普段持ち歩くスマホには入れません。

まだ、街中で使えるインフラが整っていないので。街中はSuicaやLINEペイカードですね。

Rippleの場合

Rippleの場合はTOASTウォレットというアプリを使います。

iOS、Android共にOK。

出典:iTunes

細かい設定は、ここでは書きません。詳細についてレクチャーしてくれるブログもたくさんありますで、検索してみてください。

こういった検索作業を積み重ねて詳しくなるんですよね。

最も重要なのが、秘密鍵(Secret key)です。これはしっかり紙に控えましょう。

もし、スマホを紛失、機種変更するときは。Rippleアドレスと秘密鍵があれば、GateHubというオンラインのウォレットで復元できます。

バックアップコード(すげー長いいけど)があれば、アプリそのものを復元できます。

↓参考リンクです

COIN POST:Toast Wallet(トーストウォレット)の使い方と設定方法

Bitcoin/Bitcoin cashの場合

Bitcoin兄弟の場合は、アプリは色々ありますが、基本的な操作は似ています。

僕はこちらを使ってます。もちろん、iOS、Android共にOK。

出典:iTunes

大切なものは、12個の合言葉からなるリカバリーフレーズです。スマホの紛失、機種変更のときには必ず使います。このフレーズを控えてなくてBitcoinをセルフGOX(自ら紛失)した人が大勢います^^;

スマートフォンの紛失、故障、機種変更のときにはリカバリフレーズを控えてないと、Bitcoinを紛失してしまうのです。

参考リンクです↓ BitpayやCopayと使い方は非常に似通っています。

COIN POST:ビットコインウォレット「bitpay」,「copay」登録、使い方について解説

ペーパーウォレット

長期間、保有する場合はペーパーウォレットを使ってます。インターネットから遮断されるので安全。

RippleもBitcoinも同じような構成となってます。

↓これらの、アドレスと秘密鍵をオフライン上で作成します。細かい設定は検索してみてくださいね。

「リップル ペーパーウォレット」「ビットコイン ペーパーウォレット」と検索するとたくさん情報が得られます。

重要なことは秘密鍵は絶対に他人に教えてはいけません。保管方法としては複数作成して、自宅の金庫に入れたり、実家に置いたりして対策しましょうね。

将来、出金するときは???上記に紹介したスマホのウォレットを使えばアプリ内でウォレットが復元されます。

  • TOASTウォレット(Ripple)の場合:アドレス、秘密鍵、パスフレーズ(自分で設定したやつ)が必要
  • Bitcoin.comの場合:アプリで秘密鍵をスキャンします

ハードウォレットは使いません

出典:株式会社 Earth Ship

仮想通貨を扱うならハードウォレットは必須!と言われ、

コインチェックの事件以降は飛ぶように売れているようですが、僕は使いません。

理由は、初期設定や操作を他の方のブログで拝見すると、面倒くさそうだからです^^;

そして、落とし穴も多いんです。送金するときのアドレスが書き換えられるように仕組まれていたり・・・

よっぽど、ギークじゃないと無理ですよ、これは。

もし使う場合は、メルカリやアマゾンで買ってはいけません。正規代理店で買いましょう。

メンドクセ・・・(*´Д`)

仮想通貨といえど、アナログの紙が一番だと思ってます。

まとめ

それでは、まとめます。

  • 取引所に入れる仮想通貨は最低限、二段階認証は注意が必要
  • ウォレットはアプリとペーパーウォレット、秘密鍵やリカバリフレーズなどのセキュリティ関連は自己管理
  • ハードウォレットは自信があるなら取り入れる

以上、大まかな流れですが、参考になりましたでしょうか?

個々の設定についは、ぜひいろいろと検索してみてくださいね。

では!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

関連記事

  1. 仮想通貨

    SBI いよいよ仮想通貨取引所へ参入か〜楽しみ

    こんにちは。僕はもともとSBI贔屓の人間なので、SBIが仮想通…

  2. ウォレット

    Bitcoin ペーパーウォレット 作成と取り出し方

    こんにちは。Bitcoinのペーパーウォレットの作成と取り出し…

  3. 仮想通貨

    ゴールドマン・サックス ビットコインのトレード予定 その実態は?

    こんにちは。5月3日にゴールドマン・サックスがビットコインの取…

  4. ウォレット

    Bitcoin アプリウォレットBitcoin.comの作り方

    こんにちは。Rippleに続いてBitcoin(BTC)/Bi…

  5. 仮想通貨

    GMOのマイニングは赤字で方向転換

    こんにちは。GMOインターネットの第2四半期の決算が発表になっ…

  6. 仮想通貨

    マネックス社長「仮想通貨交換業の本質が銀行に近いものになっていくと予想する」

    こんにちは。マネックスのコインチェック買収の報道がなされてから…

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カテゴリー

最近の記事

スポンサーリンク
  1. 雑記

    30代・40代の貯蓄額ゼロ 23.1% 100万円以下は6割 貯金じゃなくて貯蓄…
  2. 読書

    「残業学」残業麻痺のモーレツ社員になってないか?
  3. 雑記

    ブランド品はマウンティングツールに見える
  4. 雑記

    いい加減サラリーマンdisるマーケティング飽きた
  5. ウォレット

    仮想通貨の保管 ハードウォレットは使いません
PAGE TOP