ウォレット

(最終更新日:2019.04.23)

Ripple アプリウォレット Toast Walletの作り方

こんにちは。

RippleのアプリウォレットであるToastwalletの作り方について書きます。

僕が知り得る限り、Rippleのアプリウォレットはコレだけな気がします。まずは、↓こちらの記事で全体像を把握してみて下さい。

実生活でRippleを決済手段として使うことはまず少ないので、保管ということになるかと思います。

Rippleウォレットの注意点

注意点ですが、これはペーパーウォレットにも共通することです。

  • Rippleウォレットをアクティブにするために、デポジット20XRP必要で、そのウォレットから引き出せない

今後は20XRPから引き下げるという話もありますが、現行はこのままです。

お試しでウォレットを作ってみるのも良いのですが、引き出せませせん^^;チョットもったいないです。

アプリウォレットの作り方

Android、iOSどちらも対応しています。リカバリフレーズを控えたりするので、カフェとかじゃなくて自宅で設定しましょう。

アプリをインストール

検索すれば出てきます。

PINコード、パスフレーズ、リカバリフレーズの設定

アプリを起動すると、なんか色々書いてます。20XRPデポジットルールのこととか、パスフレーズとかバックアップコード無くしたら知らないよ〜!って。

そのままスクロール。

「Create a New Wallet」をタップ。

PINコードの設定、これは忘れちゃだめ。2回ほど設定。

大切なパスフレーズの設定、もちろん忘れちゃだめ。これも2回ほど設定。

英数字と記号を組み合わせることに注意。

次に「Set Passphrase」をタップ

その後、成功した画面がでるのでOKをタップ。

次はリカバリフレーズ。これも紙に控える。しかし、このリカバリフレーズは使う出番がなくて、ウォレットを復元する時も使わない。けど、念のため。

下の2つを右にスライドさせる。

「Finish Setup」をタップ。

「Not at this time」をタップ。多分、開発の寄付のことかな?今後はしない方向で・・・

以上でPINコード、パスフレーズ、リカバリフレーズの設定完了。

こんなにあるのかよ〜^^;

新規ウォレットとバックアップコードの設定

次はいよいよ、新規ウォレットの設定です。

「Add Account」をタップ。

「 Generate New Address」をタップ。

ニックネーム(好きな名前)とパスフレーズ(英数字と記号のやつ)を入力して、「Import this Address」をタップ。

成功!OK

次はバックアップコードです。「Create a Backup Now」をタップ。

めっちゃ出てくる^^;

これは、アプリそのものを復元するときに使います。例えばスマホ失くしたり、機種変するとき。

コピーして、テキストメモアプリに貼り付けしておきます。後で確認することも可能。

左下のホームボタンをタップ

はい、自分のウォレットが出来上がってます!

ウォレットをアクティブにする(20XRPを受け取る)

最後に、取引所で買ったXRPをウォレットで受け取ってアクティブにしましょう。

ウォレットをタップして開きます。

そうすると、すぐにアドレスが出てきます。

丸で囲った部分がアドレスで、乱数字でもQRコードでも、どっちを使ってもOK。

取引所から送る場合は乱数字からが多いかな。取引所にアドレス登録ができるのでやっておきましょう。

秘密鍵を確認する(最重要)

上の図ので「Show Secret」をタップすると、パスフレーズ入力を要求されます。

「Reveal Ripple Secret」をタップ。コレが秘密鍵です!

コピーボタンを押して、いったん何処かに保管しておきましょう。

僕の場合はこのまま、プリンターに接続して紙で保管してます。

まとめ

お疲れさまです・・・^^;面倒くさ・・・(*´Д`)ですよね。

送金や復元のことは別の記事で書きますが、まとめます。

設定したものは

  1. PINコード(アプリを起動させるための使う数字6桁)
  2. パスフレーズ(英数字と記号の組み合わせ)
  3. リカバリフレーズ(単語6種類)
  4. バックアップコード(めちゃ長いやつで、アプリそのものを復元する時使う)
  5. Rippleアドレス(XRPを受け取るときのアドレス、口座番号ですね)
  6. 秘密鍵(最重要)

こんなにあります。完全自己責任での管理です・・・(*´Д`)

Rippleアドレスと秘密鍵さえあれば何とかなる

最悪、スマートフォン紛失した!壊れた!って時は、Rippleアドレスと秘密鍵があれば、GateHubウォレットで復元できます。ただし、GeteHubはオンラインのウォレットみたいなので、長期や大量保管には向いていないかなと思いますので、そこだけ注意してくださいね。

以上です、続きはまた書きます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

関連記事

  1. ウォレット

    Bitcoin アプリウォレットBitcoin.comの作り方

    こんにちは。Rippleに続いてBitcoin(BTC)/Bi…

  2. 仮想通貨

    SBI いよいよ仮想通貨取引所へ参入か〜楽しみ

    こんにちは。僕はもともとSBI贔屓の人間なので、SBIが仮想通…

  3. 仮想通貨

    マネックス コインチェックを買収か

    こんにちは。個人的にかなり大きいな〜と思ったニュースです。ネッ…

  4. ウォレット

    Bitcoin ペーパーウォレット 作成と取り出し方

    こんにちは。Bitcoinのペーパーウォレットの作成と取り出し…

  5. 仮想通貨

    GMOのマイニングは赤字で方向転換

    こんにちは。GMOインターネットの第2四半期の決算が発表になっ…

  6. ウォレット

    仮想通貨の保管 ハードウォレットは使いません

    こんにちは。僕が実践している仮想通貨の保管方法について書いてい…

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ライター活動

内藤忍さんが運営する世界の資産運用ガイドでライターもしてます

 

 

 

第10回 世界の資産運用フェアは9月7日に開催です

 

仮想通貨

 

 

 

最近の記事

スポンサーリンク
  1. 米国株ETF

    夏のボーナスは米国株ETFを買うぞ!後編
  2. アンティークコイン

    【PR】第8回 世界の資産運用フェア アンティークコインにも注目
  3. 仮想通貨

    仮想通貨に対する意見で、既に手垢がついてるやつ
  4. 読書

    「サイコパス」 その2
  5. iDeCo

    SBI証券の逆襲 iDeCoに「セレクトプラン」が登場する〜
PAGE TOP