アンティークコイン

(最終更新日:2018.05.24)

アンティークコインの価値はどう決まる??

こんにちは。

アンティークコインの価値の決まり方について書いていきます。

美術品、骨董品の要素が強いアンティークコインですが、なんか難しそう・・・

ですが、知れば知るほど興味深くなるものです。

鑑定機関が存在する

アンティークコインにも鑑定機関が存在します。

代表的な機関がアメリカの「PCGS社」と「NGC社」で、これら2社で市場の98%を占めているようです。

購入する場合は鑑定付きのモノを、信頼できるディーラーさんからということになりますね。

PCGS社

NGC社

グレーディング

この2社どちらかによる鑑定で、そのコインのグレードが決まります。

まず、コインはいくつかのタイプにザックリ分かれます↓

PF/PR プルーフ
(Proof)
投資目的で造られ流通目的とはしておらず、鏡面加工により輝きを放つ記念コイン THEアンティークコイン
MS ミントステイト
(Mint State)
流通用に造られたものだけど、実際は出回らなかった未使用品
AU 準未使用品
(About Uncirculated)
流通はしたけど、未使用に近い
F 並品
(Fine)
流通して傷がある

もちろん、最高位はPF/PRです。鑑定機関によって呼び名が微妙にことなるものは「/」で表記してます。

このタイプでザックリわけます。細かいグレード(数値化)はこの先です。こんな感じ↓

PF(PR)/MS 70 完全未使用
PF(PR)/MS 69〜68 未使用
PF(PR)/MS 67〜66 準未使用
PF(PR)/MS 65〜64 準未使用
PF(PR)/MS 63〜60 準未使用
PF(PR)/AU 59〜50 極美品
XF 45〜40 美品
F 15〜12 並品

70が最高ランクです。旧いコインだと70は存在しない(鑑定されていない)ものもあります。

特別鑑定表記もある

さらに特別鑑定表記があります。

例えば、同じPF/PRで69のコインだとしても、鏡面加工の輝きの微妙な違いがあるのです。

DCAM(Deep Cameo)/UCAM(Ultra Cameo) ★★★
CAM(Cameo) ★★
PF/PR(Proof)

★わかりやすいように独断でつけました。「/」は鑑定機関によって呼び名が違います。

すなわち、同じグレーディングでもDCAM(Deep Cameo)/UCAM(Ultra Cameo)のコインが鑑定機関的に最も価値のある輝きを放つようです。

実際に光を当てて反射の度合いを見ているらしいのですが、素人目に見てもProofとDCAM/UCAMの違いは一目瞭然です。

DCAM/UCAMは鏡面加工とマッド加工のコントラストが非常に美しい。

それに対して、Proofはツルッとしています。

最高ランクすぎると、価格が高すぎたり、鑑定更新のとき損失が出るというコトもあるとか^^;

いろいろ書きましたが、まずは、12〜70のグレーディングが最優先です。

じゃ、値段は?

はい、きました(笑)

じゃ、最終的な値段はどうやって決まるのということですが、

  1. 希少性(発行枚数)=現存枚数(鑑定枚数)
  2. 人気
  3. グレード

この3つの要素を加味しながら世界中のオークションで取引されたり、ディーラーさんが取引を斡旋しているようです。

富裕層たちのコミュニティなんでしょうね〜(遠い目)

↓こんなコイン本も売られていて、世界中の鑑定されたものが見られます。

次回の記事では僕が持っているコインの解説をしていきますね!

乞うご期待★

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

関連記事

  1. アンティークコイン

    アンティークコインを他の投資と比較してみた デメリット

    こんにちは。アンティークコインを他の投資と比較してみましたの第…

  2. アンティークコイン

    【PR】第8回 世界の資産運用フェア アンティークコインにも注目

    こんにちは。僕がこのブログとは別にライター活動をしているわけで…

  3. アンティークコイン

    実際に鑑定された僕のコインを解説するよ

    こんにちは。僕が持っている鑑定済みのアンティークコインを解説し…

  4. アンティークコイン

    仮想通貨に飽きた アンティークコインの魅力

    こんにちは。コインチェックの事件以降、仮想通貨に飽きたなと(笑…

  5. アンティークコイン

    アンティークコインを他の投資と比較してみた メリット

    こんにちは。アンティークコインを他の投資と比較してみました。…

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ライター活動

内藤忍さんが運営する世界の資産運用ガイドでライターもしてます

 

 

 

 

第7回世界の資産運用フェア(2018年2月3日)で仮想通貨のセキュリティー対策についてセミナー講師をしました

 

次回、第9回 2019年2月9日開催予定

仮想通貨

 

 

 

最近の記事

スポンサーリンク
  1. 仮想通貨

    仮想通貨に対する意見で、既に手垢がついてるやつ
  2. 米国株ETF

    初!HDVから配当金もらいました!ところで米国株の配当金はいつ入るの?
  3. つみたてNISA

    今から開始するなら楽天証券が良いと思う・・・
  4. 医療

    口呼吸から鼻呼吸に切り替える
  5. アンティークコイン

    実際に鑑定された僕のコインを解説するよ
PAGE TOP